【LoL】TFTパッチ9.22のオススメ構成

LoL

こんにちは。humiです。

日本時間の11月15日深夜1時からついに「Legends of Runeterra」がスタートしました!

LoLの世界観をベースとしたデジタルカードゲームです。

正式版のリリースが待ち遠しおいですね。

 

という事で本題です。

TFTパッチ9.22をプレイしている中で、個人的に「これは強いな」と思ったオススメ構成についてざっくりとまとめていきます。

※画像は「LoLCHESS.GG」を使用して作成しています。何かと便利なサイトなので登録推奨です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウッドランドドルイド

イチオシの構成は「ウッドランドドルイド」です。

「マオカイ、アイバーン、ニーコ、ルブランのうち3体+キャリー」で構成されます。

※序盤に強みのある構成のため、画像では最小構成を配置しています。

特徴

・序盤最高クラスのパワー

・サブシナジーが皆無

・中盤以降はパワー不足

序盤

ウッドランドドルイドは「ウッドランドシナジーの分身」「ドルイドシナジーのHP回復」が合わさり、序盤最高クラスのフロントラインが形成出来ます。

連勝ボーナスも稼ぎやすいため、大量のゴールドを貯める事が出来ます。

マオカイとアイバーンがTier1、ニーコとルブランがTier2と低いTierにチャンピオンが集中しているため、再序盤から3体を揃えやすいです。

最初の回転寿司で「ルブラン」もしくは「ニーコ」を取得出来ればよほど運が悪くない限りは3体揃うと思います。

対人戦が始まる時までにはヴェインやヴァルスのようなキャリーチャンピオンを取得しておきましょう。

※うっかりレベルを上げ忘れてキャリーを配置し忘れるといきなり躓きます。要注意です。

中盤~終盤

中盤以降は耐久力・ダメージ共にパワー不足です。急に勝てなくなります。

そのため、ウッドランドドルイドの取る道は以下の2つです。

①リロールしてウッドランドドルイドチャンピオンのレベルを3に上げる

②ウッドランドドルイドチャンピオンを売却して徐々に他の構成に切り替える

「アイスボーンガントレット」等のマオカイ用のタンクアイテムが揃っている場合は①もアリですが、どうしても終盤ではパワー不足なため優勝は難しいかもしれません。

ルブランが「メイジ/アサシン」を持つため、序盤からメイジ(ブラッドミア、シンドラ、タリヤ)かアサシン(ダイアナ)をキープしておくと良いです。

手持ちのチャンピオンによってメイジかアサシンに構成を寄せるイメージですね。

僕の場合は「オーシャン/メイジ」に進むケースが多かったです。

↑ウッドランドドルイド+オーシャン構成の盤面イメージ。

7体のチャンピオンで「オーシャン4/ウッドランド3/ドルイド2/ワーデン2/メイジ3」が発動しています。

ブラッドミアかシンドラが育っており、「へら」+「女神の涙」で作れる「メイジキャップ」を入手出来そうな場合はメイジ6構成に進みましょう。とても高いダメージを出せるため、優勝も圏内です。

 

それ以外の場合は引き次第ですが、メイジ3に加えて軽めのシナジーを足す事が多いです。

優勝こそ難しいかもしれませんが、序盤の有利を活かして上位入賞は十分に狙う事が可能な構成となっております。

ライト6(ヴェインキャリー)

揃った時のパワーが高い「ライト6」構成もオススメです。

「ヴェイン、ナサス、ジャックス、エイロトックス、ソラカ、ヨリック」で構成されます。

※ライト9はラックス(ライト)とライトを付与する「光輝のタリスマン」が必要なため、現実的に構成が狙えるライト6を推奨します。

特徴

・6体揃った時の圧倒的なパワー

・アイテム依存度が低め(ヴェインに装備するAS上昇アイテムのみ)

・中盤までは完全にパワー不足

序盤

ライト編成の弱点は序盤~中盤までの弱さです。3体いてもほぼ意味がありません。

特に、ライトのシナジー効果「ライトチャンピオンがデスした時、他のライトチャンピオンのAS上昇とHP回復」と相性の良いヨリックを取得するまでは我慢が続きます。

序盤の敗北はある程度許容し、巻き返しに備えてゴールドを貯めていきましょう。

この構成はヴェインがダメージの大半を担う構成のため、「ハイロール」と呼ばれる「ラウンド3-1でリロールを多用し、低いTierのチャンピオンをレベル3に上げる戦法」を取ります。

そのため、このタイミングで事故ってしまうと勝利が遠ざかります。必ず「他のプレイヤーと構成が被っていないか確認を行う」事を意識しましょう。

この際、ナサスやジャックスもレベル3に上げる事が出来れば上出来です。タンクアイテムを持たせてフロントラインとして活躍してもらいましょう。

最優先はヴェインに持たせる「グインソーレイジブレード」等のAS上昇アイテムです。これさえあれば問題ありません。

中盤~終盤

ヨリックを取得してライトチャンピオンが6体揃えば完成です。

ライトのシナジー効果で「強靭なフロントライン」+「ハイパーキャリーのヴェイン」が揃ってしまえば対抗出来る相手はそう多くありません。

※ヴェイン以外のレベル3チャンピオンがいない場合はヨリックのレベル2を急ぎましょう。かなり頼りになります。

終盤にかけてはライト6のもう1つの強みである「豊富なサブシナジー」を活用していきましょう。

↑ヤスオとジャンナを加えて「クラウド2/ミスティック2/ブレードマスター2」

↑タリックとアッシュを加えて「クリスタル2/ワーデン2/レンジャー2」

この他にも様々なサブシナジーがあります。手持ちと相談しながら決めましょう。

 

ライト6を作る際、あまり難しい事を考える必要はありません。

・ヴェインをレベル3にする

・ヴェインに装備するAS上昇アイテムを作る

・ライトチャンピオンを6体揃える

これだけです!!簡単!!

シャドウ4

超火力が爽快なシャドウ4もオススメです。

「マルザハール、キンドレッド、ベイガー、サイオン、マスター・イーのうち4体」で構成されます。

※マルザハールとベイガーはアイテムが被ってしまうため、マルザハールが優先される事が多いです。

特徴

・圧倒的な火力

・4体で完結するため他のシナジーを同時採用しやすい

・主力のチャンピオンがTier3以上に多い

序盤

シャドウ4はシナジー効果「戦闘開始から数秒間、与えるダメージが増加する」を活かした超攻撃的な構成です。

主力のチャンピオンがTier3以上に多いため、序盤は適当なレベル2のチャンピオンや先述したウッドランドドルイド構成等で耐えましょう。

ある程度の段階で完成形を決め、中盤以降はその形に向かって進むだけです。

様々な形が存在しますが、個人的には以下の2つをオススメします。

①サモナーシナジーを強化する

マルザハールを更に強化するタイプです。シャドウとサモナー両方のシナジーを受けた最強のキャリーが誕生します。

②ブレードマスターシナジーを強化する

マスター・イーを更に強化するタイプです。最終的には敵の構成に応じて「クラウド」や「ミスティック」等の軽いシナジーを取り入れて対応力を高めていきます。

 

唯一のTier2チャンピオンであるマルザハールと完成形に入るかもしれない低Tierのチャンピオンをキープし、中盤以降に繋いでいきます。

中盤~終盤

ある程度Tier3チャンピオンがリロールで出現するようになるレベル6からが本番です。

ダメージは十分に足りるため、回転寿司ではシャドウチャンピオンを優先的に取得しましょう。

ベイガーはマスター・イーを取得した時点で入れ替える事が多いです。シャドウチャンピオンを4体揃えるためと割り切りましょう。

各チャンピオンのレベルを2にしつつ、他のチャンピオンも集めて終盤に備えます。

↑サモナーを強化する際の盤面イメージ。

マルザハール1人でダメージは足りるため、アジールとヨリックである必要はありません。

個人的には「デザート」の発動を狙えるため、アジールが好みです。

↑ブレードマスターを強化する際の盤面イメージ。

Tier3のシャドウチャンピオンを集める時、ついでに揃う事も多いです。

「へら」+「リカームボウ」で作れる「ルインドキングブレード」を作成出来た時はキンドレッドに装備しましょう。その際はエイトロックスを外します。

※ヤスオは「クラウド」シヴィアは「デザート」の発動を狙えるため。

 

マスター・イーを取得するために大量のゴールドを使う事も想定しつつ、バランス良くチャンピオンを揃えておけば最終的に超火力で押し切る事が可能な構成です。

①最大火力のシャドウ/サモナー

②「クラウド」「ミスティック」「デザート」等の軽いシナジーで対応力の高いシャドウ/ブレードマスター

といったイメージです。

核となるチャンピオンが4体のため、被った時もある程度は揃えやすい点も魅力ですね。

おわりに

11/20に予定されているパッチ9.23でTFTシーズン2のランクが解禁されるようです。

シーズン2も楽しくプレイしていきたいですね。

サモナーズリフトとルーンテラもお忘れなく!

それでは良きTFTライフを!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました